TOPページサービス紹介 > 料金 / お手続き > LPガス料金について

料金 / お手続き

LPガス料金について 

○以下は仙台市青葉区錦ケ丘地区以外にお住まいの方に対する説明です。

○仙台市青葉区錦ケ丘にお住まいのお客様は、トップページ「お知らせ」の「ガス小売供給約款(錦ケ丘プラン)ガス料金のお知らせ」をご覧下さい。

1.料金制度について

当社のガス料金は、2部料金制と3部料金制の2種類の料金制となっております。

(1)2部料金制

ガスの使用量に関係なくお支払いいただく「基本料金」とガスの使用量に応じてお支払いいただく「従量料金」で構成され、ガス料金は「基本料金」と「従量料金」を合計した金額になります。

(2)3部料金制

「基本料金」、「従量料金」に加え、当社が設置したガス消費機器等をご利用の場合にお支払いいただく「設備利用料」の3つの料金によって構成され、ガス料金は「基本料金」と「従量料金」、「設備利用料」を合計した金額になります。

(参考)

①基本料金

容器・自動切替装置・マイコンメーター等の供給設備費、LPガス業者賠償責任保険料、設備の点検・調査などの保安管理費、検針・集金等の管理費用などで構成されます。お客様にガスを安定してお届けするため、ガスの使用量に関係なく毎月ご負担いただく料金です。

②従量料金

ガス仕入代金、ガス配送費、販売などのための経費、利益などで構成されるガスの使用量に応じてご負担いただく料金です。これはLPガスメーターで計量し、その月の使用量に1立方メートル当たりの従量単価を乗じて算出します。

国内で使用されるLPガスの約8割が海外からの輸入で賄われているため、従量料金に含まれるガス仕入代金は、輸出国の世情や世界の需給バランス・為替相場等の影響を受けて変動します。(原料費調整制度を採用)

③設備利用料

当社が設置したガス消費設備をご利用のお客様にご負担いただく料金です。ガス消費設備とは、ガスコンロ、ガス給湯器、ガスファンヒーター等のガス器具のことで、これらのメンテナンス、更新費用も含め「設備利用料」として算出した料金です。

2.家庭用標準料金について

○以下は2018年10月から12月までの期間の例です。

○従量料金単価は3ケ月毎の原料費調整制度により変動します。

家庭用標準料金

○計算方法

基本料金に、それぞれの使用料区分毎の料金を積み上げた従量料金を加えたものとなります。

(例1)使用量が7.0m3の場合

1,422円(基本料金)+7.0×①

          5,270円

(例2)使用量が18.0m3(10.1m3~40.0m3区分)の場合

1,422円(基本料金)+10×①+8×②

          10,852円

(例3)使用量が45.0m3(40.1m3~ 区分)の料金

1,422円(基本料金)+10×①+30×②+5×③

          23,939円

※家庭用標準料金の他、お客様宅に設置されたガス機器(給湯器、ファンヒーター、温水暖房等)に応じたお得な料金メニューを豊富にご用意しております。お問い合わせは当社(下記)までお願いします。

3.料金に関するQ&A

Q1、現在のガス料金が変更になるのですか?

A1:今回の料金は、現行制度を公表したものです。原料費調整による料金改定も従来通りです。

Q2、現在のガス料金が標準料金よりも安い場合、標準料金に改定されるのですか?

A2:現在ご利用中の料金については、使用形態に合わせたいずれかのプランが適用されており、標準料金は改定されません。(原料費調整による料金改定も従来通り)

Q3、安い料金プランにするにはどうしたらいいですか?

A3:お使いのガス機器などの使用形態が適用条件を満たしていれば、料金プランの変更が可能です。

下記にお問い合わせいただければ、ご自宅の設置状況を確認のうえご相談させていただきます。

Q4、他社が今よりも安い料金で販売できると言ってきていますが・・・。

A4:その場で安く提示されるケースもあるようですが、その料金がいつまでの料金なのか、値上げの予定はないのかなど、詳しくご確認のうえ比較検討して下さい。当社でお配りしているLPガスの切替勧誘、料金トラブルに関するチラシも参考にして下さい。ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

料金に関するお問い合わせは
下記までお願いします。

☎ 022(254)2210

022(254)2210

e-mail:owner-info@sendailpg.co.jp